再提言:世代別二院制

しかし、今の高齢者各位に、なんと言えば私よりも若い人たちの抱える絶望感が伝わるか、私自身まだ言葉を持ち合わせていない。本書の書き方では、よほど人間の出来た人でないとダメだということはわかる。しかしどういい直せば彼らの飲み込める言葉になるのかが、わからない。

私はかなり奥さんに尻に敷かれている方ですが、それでもごくまれに妻を叱りつけることがあって、そのうち一つは彼女が鏡を見ながら「若い人はいいわねえ」と言った時。

「今の若い人の気持ちを自分たちが若い頃の経験で推し量ってはいけない」

とマジで怒りました。

お肌の問題に悩んでいる女性にこんなことを言うのは明らかにコンテキストがずれている応答なので、その時は無茶苦茶な夫婦喧嘩になりましたが、折に触れ、そういうことを一年くらい言い続けていたら、ある時突然、これと言ったきっかけもなく「今の若者には『未来』が無いんだ」ということをストンと理解しました。

40代くらいでも、こういう感覚がわかってない人は多いんですが、この世代だとだいたいきちんと言えばわかるし、そうでなくても何かの拍子に突然理解することはあります。

50代以上だとそれがあり得ない感じがします。ものを考える人でもそうでない人でも、全く同じようにそれを受けつけない。人間として尊敬できる面をたくさん持っている人でも、若者理解のある面だけがスッポリ抜け落ちているように感じます。

頭が悪いとか感受性が欠けているというより、若者の絶望感を語るその言葉だけはどうしても「飲み込めない」という感じです。

それで、どうしたら伝わるかいろいろ考えたんですが、その「飲みこめなさ」を主題化して共有するという戦略はどうかなと思います。

参議院衆議院二院制は廃止して長期的な政策を考える「長期院(長院)」と単年度の予算だけを決める「短期院(短院)」の世代別二院制にする。そして、長院は選挙権も被選挙権も20才〜40才に制限するのだ。 40過ぎたら、自動的に長院の議員にもなれないし長院議員の選挙に投票することはできない。もう次の世代に託すわけだ。

長期短期で利害がぶつかる時は、長期優先。例えば、赤字国債をどれだけ出すかは長院が決める。そこで予算の枠を決めて、その枠の中をどう分配するかは短院が決める。目先の政策は全員で決めるべきだけど、先のことは若い人の方が関係するんだから、そういう人が主体で決めるべきだ。

たとえば、こんな制度について、高齢者の意見を聞いてみるわけです。

そうするとまず高齢者の側の利害特質についていろいろ意見があるでしょう。それで、その部分についてはなるべく高齢者の意見を聞いて「短期院」の側の権限を増やしていく方向で調整する。

そこを調整していったら、最終的にはこの制度の是非の問題は、高齢者にとっては「自分が死んだ後の日本」ということになるわけです。

彼らは「死んだ後のことだから自分は関係無い、若い連中の好きにすれば」と言うかどうか。

私は、たぶんそうは言わないと思います。「とても今の若い連中にこの国をまかせることはできない」と言うのではないか。「この制度ができれば、若者も自分たちの問題としてもっと真剣に政治に取り組むようになりますよ」とか説得してもなかなか納得してくれないような気がします。

そして、こういう問答をすることで、「高齢者の側にある若者への根深い不信」を炙り出すことができると私は思うのです。

その不信の理由は何かと言えば、若者が絶望しているからで、しかもその絶望から救い出す言葉を自分たちが持ってないことを認めなくてはならないから。

どうにかして、高齢者の「不信」と若者の「絶望」をつなげることができれば、対話が成立するのではないでしょうか。

私は、6年前に自分で考えついたこの「世代別二院制」が気にいっていて、もし実現したら実際に制度としても非常に有効だと思っていますが、それ以上に、思考実験的に使ってみた場合に、この「不信」と「絶望」を可視化するツールとして使えるかもしれないとも考えています。