郵便局2.0 その2 -- 分散コールセンター

私もひとつ思いつきました。

通販の電話受けつけやプロバイダーのサポート窓口のような、電話の受付窓口を郵便局2.0が代行するという話。

過疎地の郵便局に、サポート用の卓(IP電話+パソコン)を設置して、郵便局の既存ネットワークに接続する。中央で電話を受けて、そのネットワークで過疎地の郵便局の卓に転送して、受付処理をさせる。コールセンターなんだけど、地理的には卓が日本全国に分散しているという状態。オペレータは、余剰人員を回してもいいし、新しく雇用してもよい。

オペレータの人件費やコールセンターの運営費用が安いので、一箇所に大きな建物を新設して始める業者よりは、コスト面で競争力はあると思う。また、量的には少ないけど過疎地には雇用機会を提供できる。